無料ブログはココログ
フォト

« 傑作な失敗? | トップページ | MFJ-1621入手 »

2009年9月13日 (日)

6mバンド用 MV(Micro Vert)アンテナ 製作

ローカル局から依頼で6mバンド MV(マイクロ バート)アンテナを作成した
前回 40mバンド用に作成したが 再現性がよく 一発でバンド内に共振点が来たが
今回は大苦戦

一度裏庭に3mほどの地上高で調整した このときかなり共振点がひくく大幅にエレメント
を詰めたが、夕方いざローカル局の3Fの屋上に架設したが まったく6mに共振せず 40MHZ
付近でしか使えない

いろいろやったが、結局断念 家に持ち帰り 夜間調整したところ、やはりエレメントが長すぎ
製作にあたり ウェブ上にある各局のページを参考にしましたが JA1SCW 日下OMのデータ
を参考にしました

全長が40mバンドの場合1Φのホルマル線38ターンでエレメント長140cmでほぼOKでした
カウンターポイズ RFチョークも掲載データでOKでした

今回、同じ手法で組立ましたが、エレメント長はあまり変わらず、コイルは同じもので3ターン
ですが、作成してて1/4λのWPより長いなーと思っていたんですが

結局 エレメント長は70Cmで良かった 一度共振点を見つければあとは簡単です
地上高差による 変化も微小で VSWR1.5以下の帯域は1.5MHZほどあるので
SSB FMバンド両方カバーできます

実際に固定で使用したことは無いので、ローカル局に使ってもらい検証します
6mアンテナはフルサイズで作っても比較的小型に出来ますが、このMVはさらに
小さいですが、短縮のモービルWPより格段に使えるバンド幅は大きいですね。


« 傑作な失敗? | トップページ | MFJ-1621入手 »

コメント

澤野さん、こんばんは。JARL支部大会はお見えになりませんでしたね。
さて、50MHz MV私も全く同じ経験をしました。
エレメント長1.2m、コイル3回巻きで共振周波数41MHz、何をやってもNGでエレメントを短くして50MHzに共振。あまりにも短く、VHF帯で輻射効率が悪くなると思い諦めました。
結局作ったのは50MHz垂直ダブルバズーカ、バランもバズーカマッチ。SWR1.5以下の帯域が2MHzあります。此れで出ています。
今タムラのマイクトランスを使ってマイクプリアンプを
作る準備をしています。51MHz FMでも音に拘っています。
ところで11日、149号線のマツダへスバルの車で入っていったけど・・・入る直前横に並んでクラクションを鳴らしたけど判らなかった???

池田さん こんばんわ 支部大会は仕事で行けませんでした

6m MVは北村さんの屋上につけたんですが、手すりのわずか50cmと1mで全然共振点が異なるのではじめはわからず 困りました 

これは アンテナの下部が2fの屋根になるか3Fの手すりしたのコンクリになるかの違いで極端に違うのです

(まあ 見かけ上のグランドになるので、今思えば 当たり前の現象)
組立後の調整は自宅の地上高3mで行い
接地は3fとはいえ見かけの地上高は1mもないところでしたから そこからわずかプラス50センチ離せば 自宅で調整したような結果が得られました

MVアンテナはHFで敷地がないとき威力を発揮するようですのでフルサイズでも小型の6mでは、あまり意味が無いような気がしましたが、サイズの割にはゲインはあるようでJA2IGYのビーコンは垂直編波ということを考慮しても強力に聞こえました

マツダ(車検のコバック)は車検で行きました 行き(朝)はわたしで 夕方 引取りはXYLが行きました 午前中は気が付きませんでした 失礼しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6mバンド用 MV(Micro Vert)アンテナ 製作:

» エレメントハンター [エレメントハンター]
エレメントハンターの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「エレメントハンター」へ! [続きを読む]

« 傑作な失敗? | トップページ | MFJ-1621入手 »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31