無料ブログはココログ
フォト

« FT920 50MHZ アンロック 修理 | トップページ | IC-703 点検整備 6mビーコンの受信性能 »

2018年12月10日 (月)

2018年FT8運用の成果

FT8なるものが出現して早 1年あまりたちますが

今年の5月1日から11月30日までのDXの成果を集計してみた

バンドは80m-6m

80mバンド 12E  40mバンド 22E 30m 36E 20m 40E 17m 60E 15m 13E 12m 8 10m 6E
6m 16E

全バンド通してのエンティティ数は118であった

もっとも多いのは17mバンドである しかし 個人的にもっとも気合をいれて増やそうと努めたのは
30mバンドである 
次にがんばった(つもり)のバンドは6m

理由は簡単でそれまではLoTWで60そこそこしかなかった もっとも不出来なバンドであったのを
なんとか100の大台に乗せたかった だけであった

しかし現在でも98エンティティである あと2つCFM出来れば100である がんばらなきゃいけませんね
しかし17mバンドが 一番多いのは ある程度予想できた このバンドは未だ 不明な点が多い が
暑い時期に活性化するバンドでありますが 晩秋にかけて 夜間でも予想外の伝搬がある..

6mは16エンティティと 善戦したと思う ニューはノルウェー ルーマニア 印度である 印度のとなりのパキスタンもチャンスはあったが 気がつくのが遅く 激化したパイルではいかんともしがたい このバンドは運とタイミングに尽きる ノルウェーは北米がガンガン入感しているとき ぽかっと見えたので 一瞬 フェイクかと思ったがJT65と違い フェイクはまずでないので ビームを振らずにそのまま北米に向けたまま コールしてリターンがあったもの 富士山反射かもしれないが 経験上 見えたところでビーム方向は変えずにコールした方が勝機は高い.

来年はさらなる精進をめざします。

30mft8_2


6mft8

17mft8


 

« FT920 50MHZ アンロック 修理 | トップページ | IC-703 点検整備 6mビーコンの受信性能 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018年FT8運用の成果:

« FT920 50MHZ アンロック 修理 | トップページ | IC-703 点検整備 6mビーコンの受信性能 »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31