無料ブログはココログ
フォト

2008年12月 8日 (月)

Windows2000 デフラグ効果絶大

自作デスクトップPCの起動がメチャクチャ 遅くなってきた

OSはXPより軽いはずのWin2Kなのだが、起動画面で セキュリティーポリシーを適用していますと表示がでて15分もそのままである

HDDの故障か?と思われたがデフラグを掛ける ここでフリーウェアのスッキリデフラグをDLしてインストールした
更にデフラグは時間がかかるのでセーフモードで立ち上げて実行した

NTFSは、FAT32に比べてファイルが非連続化しにくいとのことで、デフラグをサボっていたが、実際やってみると
いままでやらなかったせいか、デフラグに一晩かかってしまったが

翌日、起動が格段に早くなり3分かからない時間で、劇的な変化だった、やっぱデフラグは定期的にやらなければ
だめですね 実際に計測してみたら、パソコンの電源をいれてデスクトップが表示されるまで2分5秒であった

CPUはpentiumⅢ 1.33GHZ メモリは512MB (i815Eの限界)こんなものでしょうか?

窓の手もDLして、スタートアップのソフトを減らした効果もあるのかもしれないが、先月 ネット販売のXP搭載のエンデバーを使ってみて、サクサク動作するのにビックリで早いと思っていたwin2kがあまりに起動がトロイので半ばあきらめていたのですが、

これで 年賀状もつくる気になってきたぞ。

2008年11月24日 (月)

XPノートPCでゲームはできるか?

無線ネタではありませんが、先日ネットで直販PCのエプソンダイレクトで、エンデバーのXPエントリーモデルを買ってみた、どうしてほしいというわけではなかったが、あえて理由をあげれば

1、まだウインドウズXPモデルが購入できるということ
  いくらハイスペックCPUと限界いっぱいのメモリーを搭載しても早くならない
  ビスタの入ったパソコンなら要らないと思っていた

2、エントリーモデルで値段が手ごろ(くだらないソフトが入ってない)

3、現実的カスタマイズが可能

この3点が気に入りXPのdsp版モデルエンデバーCM2150に決まった

dellはしつこいので買いたくなかった(安くても)

メモリは1GB、ドライブはDVDマルチドライブ、あとは標準 cpuも
Celeron535(2.0Ghz)

唯一不満はチップセットがSISいうことだがこればかりは仕方ない
XP搭載ノートはほとんどが、ビデオメモリがメインメモリ兼用であるが
グラフィックチップもオンボードしかないので、エントリーモデルではあきらめる

主たる使用目的は、家族のネットサーフィン用でユーザーアカウントを家族分作成
子供が一番喜んで使っている

次に家内か?以前のハムフェアで買ったジャンクnec VA50のPentium3 500Mhz
より当然 さくさく動作する(OSはWindows2000pro)xpではまともに動かないと思って
2000を入れてある まあまあ快適だったが ユーチューブでは時々固まる

ところでこのエンデバーにはノートンインターネットセキュリティが付属だがインストールは
されていない(ここがポイント)ノートンはかつては秀作だったがいまでは、期限がくると
金払えとうるさい借金とりみたいな だめソフトに成り下がったので当然インストールしない

代わりにavast とAD aware softを入れてある どちらもフリーだが、よくできたソフトです。

ブラウザもついIEの7を入れてしまったが、巷のうわさのように確たる支障もいまの
ところは無い

いぜんバイクゲームソフトをデスクトップpcで楽しんでいたがMOTORACER2はWin2000
では動かなくなってがっかりした もうひとつのモトクロスマッドネス2は2000でも動く

このデスクトップpcは自作でPEN3 1.33GHzとビデオカードはGEFORCE2 MX 64Mだった
ので当時としては無難にゲームを楽しめたが

ためしにエンデバーにモトクロスマッドネス2を入れてみたが・・・・・・

うーん 以前のデスクトップPC並みに走るではないか? やっぱ新しいものは
ノートとは言えよくできているな と 思いました

別にいまさらゲームそれも3Dのゲームがしたいわけではないが、久々に
バイクレースをバーチャル的に楽しめたので、書いてみました。

2006年9月14日 (木)

とうとうPLCが審議通過してしまった

百害あって一利なしのPLCが審議を通過してしまった、日本の電波環境は最悪となる

ここで何故PLCはダメなのか冷静に考えてみよう

1、本来電力供給のみを考えて設計された電線を利用してデータ通信を行うとあるが

高速データなら既に光ファイバー、ADSLなど通信専用としてのインフラが整備されているしからばなぜPLCというか、それは用途を無線LANなどと同じ需要家内の利用に限定されている 無線LANがコンクリートなど電波障害があるところでは優位とされている(かなり限定されている)

ここで何故需要家内の通信に限定かというと、長距離などでは有害なノイズを撒き散らしそれの技術的解決ができなかったからである、当然といえば当然だ データ通信など本来まったく考慮されていないものを利用とする発想自体に無理がある。

PLCが高速でなければメリットはない 無理に高速化すれば、ノイズのスペクトラムが増大して、周囲にノイズを撒き散らすのは当然の結果である

宅内の通信なら有線LAN 無線LANで十分間に合うのに何故、PLCにこれほどこだわるのかといえば、機器メーカーのもくろみなのである PLCモデム 各種付属機器など、周囲の環境を考えれば付帯機器がふえ、本来のシンプルな発想から程遠いものになる

それに私は一応電気工事店を経営してるが、そんな工事は誰がやるのだ?電気工事士法では一次側電線の電気工事は電気工事士しかできない事になっている、電気工事士には高速通信の知識はないぞ!

2.PLCの用途のひとつはデジタル家電というが、実際そんなものは少なく どうしてもPLCでなければだめという決定的理由がない、インターネットおよびパソコンの普及率を見てほしいいくら普及が進んだといっても携帯電話ほどではなく、それこそネットとは無縁の家庭も珍しくはないのだ、ビデオの予約も怪しいという(私もそうだが)家でPLC導入により飛躍的にネット家庭がふえるとは到底思えない。

すでにEU、アメリカなど先進国では、とうの昔に導入されたが採算がとれず撤退している状態だ、しかも、ノイズ対策も十分だといっていたがふたをあければ、短波は使い物にならなくなり、結局すたれてしまったのだ。

なぜ日本はいまさらこんなものに拘るのだ?だめな日本の推進派のおえらいさん 意見をどうぞ!

2006年8月12日 (土)

またノートPCの修理だ

Lw23c12 Lw23c11 我が家にはいろんなPCがあるが、良く使うのはかなり古いNECラビ LW23Cで 同じモノが2台ある

どれも無線用にとハムフェアで買ったり 格安で買ったものをコツコツ修理改造したものでようやく快適に使えるようになると、カミサンとか子どもに取られてしまいます

今回の修理箇所は電源プラグの接触不良で使用中突然ブレークダウンする、一度他の同型機で修理したが、これが非常にメンドクサイ

いままで、ディスプレイバックライトが暗くなり陰極放電管(やたら細い蛍光管)の交換とか

CPU CD-R HDD換装などかず知れず改造してきたが、一番単純でかつ面倒な作業が電源周りなのである

電源のソケットはマザボに直接ついている しかしこれが大抵 電源のアダプタの抜差しで半田がとれて怪しくなってくるのだ

しかも、マザボのそこの部分にたどり着くには、すべてを完全にバラバラに分解しなければならない 神経衰弱のような記憶力がないと分解したノートPCを復元できないのだ

今回力強い助っ人がいる それは 老眼鏡である 見え方がまるで違う 若ぶって老眼鏡なしで作業したが効率わるく話にならない

今回 2台目とはいえ完了するには3時間も掛かった

ああ疲れたよーー。

2006年1月10日 (火)

出張でPCのモバイル接続の定番ってない?

Belkin iPod MOBILE POWER CORD 30P W/3.5mm AUDIO OUTPUT F8V7058QCAPL CE Belkin iPod MOBILE POWER CORD 30P W/3.5mm AUDIO OUTPUT F8V7058QCAPL

販売元:Belkin
Amazon.co.jpで詳細を確認する

いつも 思うのだが、地方に住む 田舎者(ワタクシでおます)が 仕事で 都会の安ホテルに長期滞在したとき、ホテルによっては ホットスポット(無線LANによる接続サービス)が無いところが多いのだ。

ここ最近はあまり無いが 以前は月に10日位はホテル暮らしだった。滞在費は結局 お得意様が支払ってくれるので良いが、ホテルの指定はできないのだ。

ノートPCを持って行っても接続できない事 数回いや数十回、以前は出張専用に カードH”なるカード型データ専用PHSを使っていた 使い勝手は良かったが 問題は負担額

基本料金がいくら安いといっても(¥980だった)従量制パケットだと 安い!という 概念でついつい使いすぎて 月末の請求書をみて いつも ガーン!!とうチャン・・・・・・(巨人の星 ふうに)

しかし、さりとて その前に使っていた SUNTACのDSケーブルで携帯電話(当時はdocomoの209シリーズ)のDOPA通信 遅い 切れる 高い 3拍子揃って嫌になった、」だからカードH”にしたんだけど、これも 長期的には高い買い物?使わない時でも基本料金がかかる のが 出張がガゼン少なくなるとネックになるんだ。

そして 今 普及したとはいえ ホットスポットとあてにならないホテルの無線LANに裏切られるのはもういや さとりて 今 auのWINを使っている ダブル定額で 四千円ちょっと以上にはならないけど、オプションのUSBケーブルWINでPCパケット通信をやるとかなり高いインターネットになっちゃうよ なにしろ 1MBで千円だぞ! ぼったくりのキャバレー並とは言わないが ちょっと かわいいホステスの胸をさわって ウン万円に近い衝撃だ!

ここで 結論 出張では当然無線LAN付きノートを持っていく(有線LANカードも持っていく)1、メールチェックは 携帯でおこなう(ヤフーメール)

2.ヤフーメールだと、サーバーに段々 くずメールが溜まってくる(最近 スパムとジャンクメールの多い事 タイトル見ただけで ゴミ箱直行 メーラーの振分機能じゃ追いつかない位 くるんだ ほんと バカヤロー くそメール送ってきても 無駄だぞ!)脱線したが、サーバーのゴミ捨ては 仕方なくauのWINで接続して 処理する(ブラウザで行うと お金がかかるんだ)

3.どうしてもネットやりたい時はネットカフェか、どっかのホテルのロビーにある鎖のあるPCで行う(泊り客のふりして)

4.マクドナルドかスターバックスコーヒーなどホットスポット(フリースポットとも言うみたい)でヤフーBBのモバイルサービスを使って行う(電源が問題だが)

以上が 私の結論であります。

2006年1月 7日 (土)

Windows2000導入したら

年が明けてにわかに 出張仕事が舞い込んできた、2-3日でも パソコンが無いと寂しい中毒か ネット依存症か?安く確実に接続するには携帯電話が一番(どーせメールチェック位しかやらない 無線LANがあれば別)とauのポイントが溜まったので WIN用ケーブルを交換したのは良いけれど、これのドライバがWIN/XP WIN2000しか対応して無い!これが落とし穴だ 考えた末ロースペックのノートPCには比較的軽いwindows2000がよかろとこれをインストール(PROバージョン)

覚悟はしていたが 動かないソフト発生 一番こまったのは無線LANのドライバだ 事前に調べておいたが エレコムのLD-WL11/PCC使っていたんだが これがアウト win2000のドライバを入れても上手くインストールできない ファームウェアが古いのか? 考えた末 もう一台の同じPC(Lavie NX LW23C)のバッキャロー いやバッファローのWLI-CB-B11と入れ替えた コイツはドライバが悪いのか ユーティリティソフトがイモなのか 電波状況が良くても よく回線が切れる しかし Win2000には上手くインストールできた

困ったのはwin2000を入れるとIEが6.0からいきなり5.0にダウングレードしてしまう、っま覚悟していたが OSを変えるともう大変なんですな。

これで主張時au携帯のPACKET-WINサービスが使えるならガマンと日記には書いておこう。

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31