無料ブログはココログ
フォト

2006年1月 3日 (火)

リグをPCでコントロールICOM編

早速 家あった ICOMのCT-17(これはくれにローカルから格安で譲っていただいたもの)に、リブ50を接続 そのままでは 当然 う 動かん!

ハムログ5.05bは 各種リグコントロールに対応になっているので 動いて当然だが、COMポートの設定 通信速度 その他設定が必要 もっとも通信速度は自動になっているし

問題ないはず COMポートの設定とハムログの初期設定でパス 一応リグとハムログが完全連動するようになった

IC-703のバンド モードを変えると ハムログの入力フォームのモード バンドも追随するしかも 周波数もKHZ単位で繁栄されるのはいいな。

しかし このCT-17製品としては、ICOM純正だから信頼性はあると思うが 中身の割りにでかい 外部電源も必要とあり、お手軽とはいかないなあ

巷にあるMAX232CレベルコンバータICで電源不要でRS232Cケーブル内にIFを組み込んだヤツがでている

ようし一丁つくったるで-- 前に zlogI用IFをやはり ケーブルに組み込んでつかったが結構小型軽量で使いやすかった しかし 老眼だとちと作るのが厳しいかも?

コンテストでも移動運用でもログとリグが連動してくれると非常に楽ですね 今更のように。

頭ではリグとPC内のデータが連動しても大した事ないと思うかも知れませんが 実際使ってみると こりゃ便利です。

2006年1月 2日 (月)

2006QSOパーティで,...

今年ではや14年目か?すでに2周りめのQSOパーティです。

カミサンの実家に毎年出かけるが、のんびりムードの正月もQSOパーティ出るぞ!と決めるとガゼン忙しく(というか忙しない いつも 仕事に追われているせいか?)なる

2006nyp

良く出来たハムは、用意周到に準備をして完全なオペレートを目指す さすが コンテスタ(QSOパーティはコンテストではないが なぜか コンテストと言う人が多い)

あたしゃ あんまり用意周到すると疲れてしまい、準備だけで終わってしまう事があるので

出来れば 出たいなと思って5分以内に設営できるものばかり だから、失敗も多いが今回は良く出来たと自画自賛

持参したアンテナはいつものモービルWP 40mから2mまで出られるといっても、短い低いじゃ ハイバンドなんてとっても無理 従って 頼みの綱は40mと30mで当然これにチューニングしてある がなにせ 帯域が狭いので リグはAT内蔵が前提

そんなわけで、今回もIC-703とPCはヤフオクで落としたLibretto50 これに ハムログをインストール 703は一応オプションフィルターが入り リブ50は、改造(といっても HDDを4.3GBにメモリを目いっぱいの32MBにしたくらい)さらに ここの環境は無線LANのアクセスポイントがあるので、11Mbながら無線LANカードで一応ネット接続できるので

DXクラスターを見ながら、参戦できる 少々 ブランクもあり 酒も飲んでいたので、599**と送ったあとで、強烈なノイズ ビートで相手のコピーに手間取ると あざ笑うかの如く

ビートのオンパレード?まあ ご愛嬌です QSOして頂いた局には感謝です 今年も宜しく!

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31